京王線千歳鳥山駅徒歩3分

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-24-7 第2幸栄ビル2F

TEL:03-3308-2283
EPARK
求人案内
Q&A

世田谷区 南烏山 歯科 歯医者 小児歯科 歯科口腔外科 インプラント

院長が紹介された掲載記事について

CAD/CAMを用いた新しい歯科治療の流れ

知ってしあわせ
倉本歯科医院 院長 倉本弘樹

昨今コンピューター技術の進歩には目を見はるものがあります。
歯科医療界においても、カルテ作成、患者管理、デジタル画像解析による診査・診断など「コンピューター無しの医療行為は考えられない」といった現状に なっていると言えましょう。
従来口腔内に装着する冠、ブリッジ、入れ歯のフレームなどは、歯型を口腔内から印象材といわれるもので歯型を取り、それに石膏を注ぎ歯の模型を作製し、模型上で蝋を用いて歯の形を製作し、蝋型を埋没材に埋没して蝋の部分を焼却して鋳型を作り、それに金属を流し込んで製作するといった一連の作業が主流でした。
しかしそれら複雑な工程の中で、石膏は膨張する、金属は収縮するなどの変形にいかにして対処し精度を高めるかは、歯科技工士の経験則と職人芸ともいえる技能に依存することによって適合性や審美性が補われてきました。
確かに器用さを備えた我々日本人の施術する歯科技工士は世界をけん引するほどの技量ではありました。
しかしながら歯科技工物は、患者の口腔内に装着されれば「形態・機能・審美」の要件すべてが満たされた「人工臓器」であり、単なる「飾り物・置物」ではなく、口腔のみにとどまらず、身体の構造にそった再現性のある医療用具が作製されなければなりません。
そのためには、これまで行われてきた経験と勘に頼る技能だけでなく、データーに基づいた科学的根拠のもとに高品質・高精度の歯科技工物を製作する必要があります。
近年、歯科器材の開発に伴って形成加工法が多岐にわたり、自動車産業などの一般工業界では既に多くの実績のあるコンピューターを用いた加工技術が、歯科技工界にも取り込まれるようになりました。
特に『CAD/CAMシステム』の導入によるジルコニアなどの新素材に対応した新しい技術が確立され、歯科技工において、大きな転換期を迎えることになりました。
歯科技工におけるCAD/CAMの特徴として、製作物の材質が均一であり、安定した高精密な技工物が作製可能であり、コンピューターによる情報の伝達保存が可能となりました。
さらに『CAD/CAMシステム』の導入により、患者様、歯科医師、歯科技工士にも多くの利点があります。
患者様サイドにおいては、侵襲の少ない治療、安心・安全な歯科治療術式、適正な治療価格の確立など医療サービスの向上。
歯科医師サイドにおいては、診断能力の向上、患者様とのコミュニケーション、治療にかかわるストレスの軽減などのメリットがあり、歯科技工士サイドにおいては、作業環境、安心・安全な補綴装着(※)の設計・製作、生産性の向上、作業時間の短縮など多くのメリットがあります。
今後、『CAD/CAMシステム』をはじめとする『デジタルデンテイストリー』の普及によって、歯科医師による検査、診査、診断で得られた口腔内情報がデジタル情報として歯科技工士に伝達され、その情報を十分に活かした補綴装着の製作がなされ、精度の高いネットワーク化された情報伝達によって、これまで以上に品質管理されたクオリティーの高い補綴装置の製作が可能となります。
『CAD/CAMシステム』は、単に鋳型や重合、焼成などの従来から行われてきた代替え技術ではなく、歯科医療の中で補綴装置を提供するシステム全体を変革するポテンシャルを有していると言えます。
歯科医療そのものが変革し、患者様とのコミュニケーション、カルテ作製、検査、診査、診断、治療計画、手術支援、補綴装置の製作、予後管理までも含めて、あらゆる領域でデジタル情報ネットワーク化が進み、これらの歯科医療はまさに『デジタルデンテイストリー』の時代であるといっても過言ではありません。
歯科医療は、顎口腔系機能である、呼吸、咀嚼、 嚥下、発音、コミュニケーションなどの健全な保持、増進、回復を担う重要な役割を持ち、日常生活を支えるとともに生命に直結した医療であります。
健康な長寿を過ごすためには失われた歯列、咬合を保持するより良い補綴装置が重要な働きがあることを認識しおいしい食生活とともの健康な毎日をお過ごしください。
(※口腔内に装着する冠やブリッジ、義歯、インプラント上部構造など)

TOPへ

COPYRIGHT © 倉本歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.