京王線千歳鳥山駅徒歩3分

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-24-7 第2幸栄ビル2F

TEL:03-3308-2283
EPARK
求人案内
Q&A

世田谷区 南烏山 歯科 歯医者 小児歯科 歯科口腔外科 インプラント

院長が紹介された掲載記事について

糖尿病と歯周病

知ってしあわせ
倉本歯科医院 院長 倉本弘樹
 
近年、新聞やテレビの健康番組などで、生活習慣という言葉を耳にする機会が増えてきました。
糖尿病と歯周病は、共に代表的な生活習慣病で生活習慣要因として、食生活や喫煙に関与します。
糖尿病は、喫煙と並んで歯周病の2大危険因子であり、一方、歯周病は3大合併症といわれる腎症、網膜症、神経症に次いで第6番目の糖尿病合併症でもあり、両者は密接な相互関係にあります。
しかし、慢性炎症としての歯周炎をコントロールすることで、糖尿病のコントロール状態が改善する可能性が研究の結果明らかになりました。
糖尿病が及ぼす歯周病への影響として糖尿病の人は、歯周病になりやすいと言われています。
歯周炎は、歯肉の境目の溝(歯周ポケット)に入り込んで繁殖した嫌気性歯周病菌(空気に触れることを嫌う細菌)の感染による慢性の炎症性疾患です。
そのでき方や進み方には、遺伝的因子や環境的因子など加えて、からだの抵抗性が大きく関与しています。
したがって、糖尿病により体を守るマクロファージ(白血球の一種で体内に侵入した不純物や細菌を捕食して消化するなど清掃屋さんの役割を果たす)の機能低下、結合組織コラーゲン代謝異常、血管壁の変化や脆弱化、創傷治癒の遅延などが起こり歯周病の発症・進行に影響を与えます。
その結果、糖尿病があると、歯周病関連細菌により感染しやすくなり、炎症により歯周組織が急激に破壊され、歯周炎が重症化してしまいます。
また逆に、歯周病が及ぼす糖尿病への影響としては、歯周病関連細菌から出される内毒素が歯肉から血管内に入り込み、マクロファージからの腫瘍壊死因子TNF-αの産生を促進します。
その結果、TNF-αの亢進が、血糖値を下げる働きを持つホルモンであるインスリンを製造しにくくすることがわかっています。
すなわち、慢性炎症としての歯周炎の存在により血糖値は上昇し、糖尿病のコントロールをますます困難にし、同時に歯周炎も進行していくという悪循環に陥ります。
インスリン抵抗性に対して、体は何とかしようとして、より多くのインスリンを産生しようとします。
しかし、高インスリン血症が長く続くと、インスリン産生細胞である膵β細胞が疲労困憊し、末期の糖尿病となります。
慢性炎症としての歯周炎に対する適切な治療により、糖尿病のコントロール状態をあらわす糖化ヘモグロビン(HbA1C)の改善が見られることが明らかになってきました。
その機序として、歯周病治療によって、歯周炎に起因するTNF-α産生量が低下するため、インスリン抵抗性が改善し血糖コントロールが好転すると考えられています。
歯周ポケットへの積極的な歯周病治療により、1ヶ月後でHbA1C(ヘモグロビンエーワンシー)インスリン抵抗性、血中TNF-αや歯周ポケット内の総細菌数の有意な改善が認められたという研究結果もあります。
したがって糖尿病患者で歯周炎を伴っている場合は、早期に歯周炎の改善を図る必要があります。
さらに抜歯やインプラント治療さらに歯周外科処置を行うに当たっては、HbA1Cの検査値を7以下できれば6.5以下でないとこのような外科処置はできないと言われています。
このように生活習慣病として密接な関係にある糖尿病と歯周病を予防するためには、まずは第一の消化器官としての口腔内の整備を行い、正しい食生活と適度な運動、毎日のブラッシング、歯周病の改善を目的とした歯科医院での定期的な歯科検診・治療などをしっかり行っておくことにより、生活習慣病に罹患することなく、健康的な毎日を過ごすことができると考えられます。

TOPへ

COPYRIGHT © 倉本歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.