京王線千歳鳥山駅徒歩3分

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-24-7 第2幸栄ビル2F

TEL:03-3308-2283
EPARK
求人案内
Q&A

世田谷区 南烏山 歯科 歯医者 小児歯科 歯科口腔外科 インプラント

院長が紹介された掲載記事について

よく噛むことで認知症予防

知ってしあわせ
倉本歯科医院 院長 倉本弘樹

高齢化社会を迎え、認知症の増加といった新たな社会問題が各方で取りあげられるようになりました。
現在、日本における認知症は65歳以上70歳未満の有病率が1.5%、85歳では27%に達し、65歳以上の認知症患者はすでに240万人を超えているという推計もあります。
さらに団塊世代が65歳以上になる2015年には250万人、2020年には300万人を超すといわれており、今後ますます重要な問題となることは明らかです。
認知症患者には日常生活を送るうえで様々な支障がおこるため、家族や周囲の人の支援が必要不可欠となります。

歯科と認知症は一見関係がないように思われますが、今まで何の問題もなく通院されていた患者様が突然義歯の取り扱い方法が解らなくなったり、口腔の清掃状態が急に悪くなったり、といった症状から認知症をいち早く発見できる場所として歯科医院が重要な働きをはたしています。

「噛む」ということは食べ物を粉砕して消化吸収を助けるだけでなく、運動機能の向上や脳の活性化、虫歯や歯周病の防止のためにも重要な行為です。
また、ゆっくり噛むことで味覚を助け、食べ過ぎの抑制にもなり肥満や糖尿病の予防につながります。
加えて細菌の抑制や活性酸素の除去、発がん物質の作用を弱めるなど全身において様々な効果があることがわかっています。

東北大学が70歳以上の高齢者を対象に、「健常群」と「認知症の疑い」の2群に分け、認知機能と口腔状況や咀嚼機能、残存歯数との関連性についての調査を行った結果、健常群は平均14.9本の歯が残っているのに対し、認知症の疑いのある人は9.4本と少なく、歯の数と認知症との関連が明らかになりました。
ヒトの歯の数はもともと上顎、下顎あわせて32本あり、(親不知が生えていない場合は28本)自分の歯で食べるために必要な歯の数は20本といわれています。
どの年齢層でも、自分の歯が20本以上残っている人の咀嚼状況は良好なようです。
また、広島県で行われた調査によると、残存歯20本以上の人は高齢でも働いている方が多く、寝たきりの方はほとんどいないようです。
残存歯9本以下でも入れ歯を使っている方は寝たきりや要介護が少ない一方で、入れ歯を使っていない方には寝たきりや要介護が多いようでした。

この調査結果は、天然歯を喪失しても入れ歯を使うことにより咀嚼能力は担保され、それにより得られる健全な咀嚼運動が脳への刺激となっていることを明らかにしています。

東京都老人総合研究所が65歳-84歳の高齢者を対象に咀嚼能力と全身機能の関係を調査しましたが、咀嚼能力の高い人は天然歯数が多いだけでなく骨のカルシウム量が多く、開眼片足立ちのできる時間も長かったとの結果があります。
歯のよい高齢者はバランスのよい栄養を充分摂取でき、日常の生活行動も活発で肉体的にも適度な負荷をかけられるため、筋力や平衡感覚の低下も少なく、健康的な日々を送ることができます。

健全な生活を送ることは、精神面の充実にも直結します。
実際の歯科臨床においても、歯の欠損の多い高齢者や精神疾患に罹患している方が、入れ歯や歯科治療による咀嚼機能の向上で「噛む」ことを取り戻すと、認知症の症状や精神疾患の症状が改善され、その人自身の人格を取り戻していくような場面に遭遇します。
これは治療にともなって口腔内が清潔になり食欲も増し、食事が楽しくなり、健全な栄養摂取により体力や免疫力が増進することで活力も生まれ、「歩く」「話す」「笑う」「唄う」ことにより精神衛生も向上していくからと言えるでしょう。

江戸時代の医者である貝原益軒は『日本歳時記』に「人は歯をもって命とする故に、歯といふ文字をよわい(齢)ともよむ也」と書いています。
食事の際に「よく噛んで食べなさい」といわれた経験は、誰にでも何度となくあると思います。
齢(よわい)という漢字は「歯が命」と書くように、人にとって健康に生きていくためには、歯で食べものをよく噛むことが何よりも重要なのです。

歯科医院へまめに通院して口腔内を清潔に保ち、認知症の早期発見と口腔ケアによる症状の改善に努めることが認知症対策として有効であると考えております。
よりよく齢を重ね毎日を健康で楽しいものにするためにも、ご本人だけでなくご家族みなさんで心がけていきましょう。

TOPへ

COPYRIGHT © 倉本歯科医院 ALL RIGHTS RESERVED.